睡眠薬のやめ方について

ココでは睡眠薬のやめ方について説明していますが必ず主治医にも相談するようにしてください。


 

 睡眠薬をずっと服用していると副作用が出るから、早く止めたいという方は多いのではないでしょうか?しかし、不眠症が改善されていないのに、自己判断で止めることで、それまで以上に眠れなくなってしまうことがあります。
 
 服用し続けていた睡眠薬を突然中止すると、反跳性不眠をきたしやすく、服用を再開しなければいけなくなることもあります。そうならない為にも間違ったやめ方をしないよう注意しなければいけません。

一番重要なのは、必ず医師・薬剤師と相談することです。


○良いやめ方

)睡眠薬の服用を漸減し中止する

)睡眠薬を服用しない日を漸増し中止する

)  1)2)の両者を組み合わせる

×悪いやめ方

1)睡眠薬の服用を即座に中止する

2)投薬と休薬を繰り返す

3)作用の弱い薬剤へ切替える


中止する前に
 「寝ることへの過剰なこだわり」や「不安」がもともとある段階では、止めるのは困難です。

焦らず減量を進めていくことが必要があります。

超短・短時間作用型のやめ方

1〜2週間の間隔で1/4量ずつ※減量するか、中〜長時間作用型のものに変更してから漸減する。 ※( 例: 1錠⇒3/4錠⇒1/2錠、というように1/4錠ずつ1週間以上かけて徐々に減量する。)

中〜長時間作用型のやめ方

隔日で服用をはじめ除々に服用間隔を延ばしていくとよい。

無理に中止することはせず、必要最低限の量で継続する場合もあります。

眠れる自信がついたら、医師と相談しながら、徐々に服用量を減らしていくように。

トップヘ

 

分類 ⇒ 対処 ⇒ 呼吸 ⇒ ツボ ⇒ 食事 ⇒ 薬物 ⇒ やめ方


   用語集  トピックス  掲示板  リンク


  


Copyright (C)humin 2004 .All Rights Reserved.


SEO [PR] カードローン比較  空気洗浄 冷え対策 動画 無料レンタルサーバー SEO